安心と満足を提供する店 指定居宅介護支援センター 福祉用具指定事業所 ヘルパーステーション 亀楽堂
亀楽堂について
介護保険と利用方法
福祉商品レンタル・販売
居宅介護支援
ヘルパーステーション
スタッフの独り言
スタッフ募集
お問合せ
個人情報保護について
介護保険と利用方法
介護保険で受けられる亀楽堂のサービス
居宅介護支援 訪問介護 福祉用具貸与販売
居宅介護支援
ご利用者様には、安心で快適な在宅生活を過ごしていただけるよう、訪問などで状況を把握し、ご利用者様に適したケアプランを作成致します。又、介護認定の更新に関わる申請手続きの代行も行えます。
福祉用具貸与販売
在宅の要介護者に、特殊ベッドや車椅子などの用具を貸し出しや販売をし、日常生活の便宜を図り自立を支援します。
訪問介護
在宅で要介護状態の方をホームヘルパーが訪問し、介護します。訪問介護には身体介護中心型、家事援助中心型、どちらも含めた折衷型といった種類があります。
介護保険制度は、被保険者であれば誰でもすぐに介護サービスを受けられるというものではございません。

介護サービスを利用するには、次のような手順をふまえる必要が御座います。
申請からサービス利用までの流れ
申請
@申請
介護が必要な本人または家族が、市町村及び特別区の窓口に要介護認定の申請します。
訪問調査
A訪問調査
市町村の職員または委託された業者のケアマネージャーが訪問調査します。また、主治医の医学的な意見も伺います。
審査
B審査
保健・医療・福祉それぞれの専門家からなる認定審査会が、市町村から調査結果の通知を受けて、判定をします。
認定の通知
C認定の通知
認定審査会の判定結果に基づいて、市町村が認定を行い被保険者に結果を通知します。(申請から30日以内)
ケアプランの策定
Dケアプランの策定
ケアプランを作成して市町村に届けます。これは自分で作成しても構いませんが、無料でケアプラン作成機関に依頼することができます。
サービスの利用
Eサービスの利用
作成したケアプランに基づいて、自分の選んだ介護サービス事業者に保険証を提示してサービスを利用します。
認定の内容について
介護保険では、心身の状況に応じて利用できるサービス(介護給付)の量が決定されます。要介護度は、「要介護状態とは言えないが社会的な支援を要する」状態(要支援)から、「過酷な季語を要する」状態(要介護5)まで6段階に分かれます。この要介護の段階によって給付額の上限が決まります。
自立
生活をしていく上で支障が無く、介護給付は受けられません。
要支援1・要支援2
日常生活の一部に介護が必要だが、介護サービスを適応に利用すれば心身の機能の維持・改善が見込める。
要介護1
部分的な介護を必要とする状態。
要介護2
軽度な介護を必要とする状態。
要介護3
中等度な介護を必要とする状態。
要介護4
重度な介護を必要とする状態。
要介護5
最重度な介護を必要とする状態。